バリ島西部、ギリマヌク-デンパサールを楽しもう!

0
465

ギリマヌクからデンパサールへの陸路、およそ130キロメートルには、休憩の為に立ち寄るいくつかの観光スポットがあることをご存知だろうか?海沿いに位置するこれらの観光地は、自家用車やバイク、観光車両が一休みする場所にもなっている。そ

れでは、バリ島西部の観光スポット5箇所をご紹介しよう。

 

  1. ギリマヌク湾観光スポット

100816NF-2a

場所はギリマヌク港前、ギリマヌクターミナルの横に位置している。ここは、公園になっており、いくつかの東屋と海岸沿いにも訪問客が休憩できる建物がある。入場は無料なので、地元の人や観光客がこれからの長い道のりを走る前に、一息入れる場所になっている。ギリマヌク湾岸には、船が浮かび、美しい景色が見られる。

 

  1. ジャワ-バリ海路交通記念碑

100816NF-2b

この記念碑は、デンパサールから126キロメートルの地点に位置し、ジュンブラナ県内にある。この記念碑を訪れる人々はわずかで、何台かのバイクと車しか停まっていない。しかし、広い庭があり、観光客が車で立ち寄ることがある。赤と白の色彩のコントラストが強く、赤白の横断幕で歓迎している。

 

  1. バリ西部国立公園

100816NF-2c

バリ西部国立公園は、ジュンブラナ県に位置し、デンパサールの町から126キロメートルの地点から、118キロメートルの地点まで8キロメートルにわたる広大な広さを持っている。森の鬱蒼とした雰囲気は、休憩には良いが道沿いでだけ楽しめる。この森には、珍しい‘ジャラックバリ’というバリ島のマスコットや、野生のサル等が生息している。森に続くこの長い距離は、多くの車両の通行により、薄暗い雰囲気はない。サルは頻繁に森から外にも出ることがあるので、休憩の時も注意して休んでほしい。しかし、心配は要らない。デンパサールの町から120キロメートルの地点には、道沿いに村形式の家屋もあり、そこでの休憩が可能である。

 

  1. イェレービーチ観光地区

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イェレービーチは‘プンラゴアンビーチ’という名でも知られている。ここは、丁度、海岸沿いのジュンブラナ県とタバナン県との県境ポイントである。開放された海の景色が広がり、数十本の椰子の木、ジュンブラナ県の象徴ともなっている水牛の像もある。この周辺には、小さな食堂が立ち並び、美味しいモスリム料理が楽しめる。

 

  1. ソカビーチ

100816NF-2e

ソカビーチは道路沿いにあり、十分な広さの駐車場がある。タバナン県に位置し、デンパサールの町からは約43キロメートルだ。自家用車だけでなく、州間長距離バスも乗客の休憩の為によく立ち寄る。この場所には、ムスリム料理の食堂やトイレもある。

 

via Tribun Bali
100816N-2

Leave a Reply