1985年と2014年、不思議な空間、遺跡ガルバ洞窟

0
245

12世紀に構築されたと推測される、ペジェンのガルバ洞窟は、当時瞑想の場として利用され。不思議な霊力を備えた場所と言われる。実際に訪れて、そのパワーを体で感じてみよう。

ガルバ洞窟は、ギアニャール県タンパクシリン郡ペジェン村バンジャールサミグヌンに存在する。この洞窟は、ジャヤパングス王政権時代の12世紀に構築されたものと推測される。このことは、アグンプンクルウクラン寺院の書物に記されている。

アグンプンクルウクラン寺院自体、2ヘクタールもの土地を所持し、大昔のバリでのパワーを計る場所として使われた。本物の洞窟はパクリサン川沿いの崖の壁に彫られ、度々、瞑想の場として使われた。その時代だけでなく、現在でも、瞑想や知識を得る場として利用されている。だから、ここには大変不思議な霊力が備わっていると言う。

この洞窟に到着できるように、事前に降り、川の石でこしらえ、きれいに整えられた階段を伝ってガプラを目指さなければならない。この階段にはクボイワの足跡と信じられている人間の足跡が残っている。クボイワとは、この洞窟を構築した強い霊力を持った当時の王の家来の一人だ。王朝の大臣とするか、クボイワの霊力を試された場所でもある。

現在は、ガルバ洞窟は観光地となっているが、あまり知られていない。パワースポットを体感してみては・・・?

170117T-1

via Sejarah Bali

#ギアニャール県 #ガルバ洞窟 #霊力

Leave a Reply