観光地のはがき売り10歳が、何と22ヶ国語を喋る!?

0
168
観光地のはがき売り10歳が、何と22ヶ国語を喋る www.howsbali.com
観光地のはがき売り10歳が、何と22ヶ国語を喋る www.howsbali.com

子供の果てしない能力に驚かされる事はよくあるが、バリ島にもスーパーガールがいた。10歳にして22ヶ国語を使い分け、観光客にはがきを売るリスタちゃんだ。

世界からも国内からも観光客が訪れるバリ島にとって、土産物の売り子は重要な役割を果たす。それも、それぞれの観光客とコミュニケーションが取れる人材だ。

観光地のはがき売り10歳が、何と22ヶ国語を喋る www.howsbali.com
観光地のはがき売り10歳が、何と22ヶ国語を喋る www.howsbali.com

はがき売りの10歳のリスタちゃんは、何と22ヶ国語を話すことができると言う。このニュースは、バリのガイド 兼 ホリデー プランナーのムリー クトゥットという名のフェイスブック アカウントから3日にビデオとして発信された。この数分のビデオの中では、ジーンズをはいた白いT-シャツの一人の髪の長い少女が、はがきが入った茶色のかばんを提げて、2人連れの観光客(ムリー クトゥット氏が案内中の)に近づく様子が写されている。

“リスタちゃん、10歳は、私のお気に入りの女の子だ。彼女は10ヶ国語を話すことができる。”と、ビデオを回しながら解説している。すると、“10じゃないよ、22!”と、リスタちゃんは訂正する。そこで、それぞれの外国語で‘はがきはいかが?’と言わせてみる。すると、英語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ロシア語・・・・と、とても流暢に続いていくのだ。もちろん、何度かは間違えたりはするものの、その度に言い直し、訂正しながらセールスの言葉を発するのだった。その様子を見る観光客の目は、観光地はもとより、このリスタちゃんに釘付けになり、見事な暗記力・言語力に脱帽し、携帯で写真を撮ったりした。

氏のメディア上のビデオは30万回以上見られており、1.300人が‘いいね’し、1万448人がシェアしている。多くのコメントも寄せられており、このかっこいいスーパーガール リスタちゃんの明るい未来に期待する声が多かった。リスタちゃんが、はがき売りを始めたのは、7歳だという。キャリアもあるんだね。

via TRIBUN BALI

080916N-1

#バリ島 #観光地ハガキ売り #天才少女 #バリニュース

Leave a Reply