大凧揚げ大会、1,070チームで大賑わい

0
119

layangan

3日、サヌールにあるパダンガラッ・ビーチでは風が強く吹き、凧揚げに最適な日となった。

子供から大人まで数千の市民が、バリ州インドネシア凧揚げ協会開催による『第37回大凧揚げ大会』を見に詰めかけた。

参加チームはやる気満々で自分たちの順番を待ち、順番が回ってくるとそれぞれ特徴のある凧を大空にあげた。
バレガンジュールのシンバルの熱い応援演奏も、チームの気持ちを盛り上げる。太鼓の音が大きくなるにつれガムランの音も
激しくなり、実行委員達も興奮の叫び声をあげた。

バリ州インドネシア凧揚げ協会会長マデ・ユダ氏は、「今年の大会にはバリの各地から1,070の凧揚げチームが参加し、
昨年の1,025チームを上回った。この大会の目的は、参加チームを増やし、凧揚げの伝統を維持していくことだ。
私は、4月にフランスに招聘され、凧揚げのワークショップを行なった。その時も、この伝統は維持すべきものだと
フランス人から応援してもらった。そのような事もあり、今年は例年より気合が入っている。」と述べた。

 

via Tribun Bali

Leave a Reply