ワルン・ミカ

0
171

バビグリン研究会こと、バビ研
記念すべき第1回は、バビグリンの聖地バトゥブランのワルン・ミカにやってきました。

 

念の為バトゥブランの位置を・・・
バトゥブランは南部(クタやデンパサール)から北へと行く途中に通る町で、石彫りの町として有名です。チェルク(シルバーの町)やウブドのあるギアニャール県に属しています。

 

それでは、バビグリンのレビューといきましょう!

1

 

ワルン・ミカは、バトゥブランのサッカー場のすぐ隣にあり、割と簡単に見つかります。
ただ、駐車場がないため、道路にそのまま止めるしかありません。

2

 

他のバビグリン屋と同じで、フレッシュなバビグリンは大体10時半~11時頃に並びますので、11時~12時頃がベスト。お店は割と広く、25席位ありますので家族連れの方も安心です。

3

 

店員さんに、「イブ、ナシ」(すいません、ご飯ください)と言えば、すぐにお皿に盛り付けてくれます。

ただし、店員さんは注文する人を見て勝手に盛るので、予算がある方はそのままで大丈夫ですが、予め金額を指定して注文したい場合は、「イブ、ミンタナシ、ドゥア・プル・リブ」(20,000ルピア分で)というように注文したほうがいいでしょう。

 

みなさん、15,000ルピアのバビグリンはもう忘れてください!。
こんな高度成長期の国のインフレを見て、10年前に10,000ルピアのバビグリンが、どうやって15,000ルピアをキープできるのでしょうか!?

 

バビグリンは、本当はバリ島では高価な食べ物のカテゴリに入ります。
もともとは、お祭りやめでたい時にやっと食べられる物なので、そう考えれば20,000ルピア(約200円)は許せるでしょう。

 

・・・ すみません、、筆者はバビグリンが大好物な為、つい熱くなってしまいました

 

さて、話を戻しましょう。

4

これが今回頼んだバビグリンです。

具はスタンダードな、サテ・リリッ(ひき肉のサテ)、パリパリの皮、ジューシーな肉、そして絶品ラワール。
最近のクタやデンパサールのバビグリンは、メラミンや普通のお皿を使う傾向になっている中、こういうIngke(インク、ラタンの皿)にバナナの葉をひいて出てくると嬉しい。

さすがギアニャール県、北の方へ行くほどバリ島の文化は守られている様です。

 

今回は「イブ、ナシ」と言って普通に注文し、さらにソーセージや皮、野菜を追加、そして、エス・ジュルクを飲みましたが、トータルで45,000ルピアかかりました。

 

ウブドへ行く途中に一度寄ってみてくださいね。

 

バビ研

 

BABIKEN

Leave a Reply