Citilink、積み降ろし作業員機体内に閉じ込められる。

0
98
Citilink、積み降ろし作業員機体内に閉じ込められる。 www.howsbali.com
Citilink、積み降ろし作業員機体内に閉じ込められる。 www.howsbali.com
スラバヤ公務員調査官はスラバヤのジュアンダ国際空港の荷物積み降ろし作業員(ポーター部隊)の取り調べを行った。原因は10月29日(日)に起きた、ポータースタッフが荷物の積み降ろし中に機体の中に閉じ込められる事件について。ポータースタッフは機体が離陸する前に救出され怪我などはなかったそうだ。現在この事故に関して調査官は空港運営会社とともに取り調べを行っている。
バンドゥンへ向かう QG824便のCitilink (シティリンク)は午後14時49分機体はアプロンを離れ、離陸準備に入った所午後15時5分に空港側から機体にポータースタッフが一人閉じ込められていると言う通報が入った。そこで機長はアプロンへ戻り、航空規定に基づいた機体確認を行い、機体の荷物ハッチでポータースタッフが無事発見された。その後スタッフは医療班によって空港内のクリニックに搬送され、検査されたが怪我やトラウマも見られなかった。機体は52分のディレイでジュアンダ航空を後にした。
#インドネシア #インドネシアニュース #シティリンク #航空 #スラバヤ #ジュアンダ空港 #ハウズバリ #howsbali #indonesianews #indonesia #surabaya #citilink #juanda #surabayaairport  #headline #breakingnews #surabayanews
News011117N-1

Leave a Reply