気を付けて!ペンギン飴型のエクスタシー、若者・子供をターゲット

0
775
デンパサール市内で、エクスタシーの新種が発見された。カラフルなペンギンの形をしたもので、まるで飴に見える。若者・学生・子供の間で広める目的かと思われ、警察は住民に注意を呼びかけている。
 
デンパサールで新型エクスタシーが見つかった事件を受け、本部長イ・グデ・ガネフォ氏率いるデンパサール管轄警察麻薬犯罪課ユニットは、10日、デンパサール市トゥク・ウマール通りでカデEJ (28)が逮捕された後の取調べを行っている。
 

ギャニャール県ブラバトゥ郡出身の容疑者は、10日、ナイトクラブに向かっていた。「現在までに、我々は麻薬のネットワークを追跡している。」と、15日、ガネフォ氏は述べた。カデEJ (28)に対する調査から、この麻薬は携帯で知り合い実際には会ったことがない者から、貼り付けの方法を通して得たということが分かっている。

新型のエクスタシーについて、ガネフォ氏は、容疑者らは警察の監視の網を潜り抜ける、革新的な方法を使ったビジネスを行っていると述べた。「これは、警察の職員の目をごまかすことができる。容疑者逮捕の時点で、所持していたものは麻薬ではなく飴に見えた。魅力的に見える麻薬は、若者や学生、或いは、子供をターゲットに広めようとしているように思われる。」と同氏。

 

カラフルなペンギン型の飴に見えるが、その価格は通常のエクスタシーと変わらず、180万ルピアで4粒手に入れることができという。今回はじめて登場した麻薬の新たな形だ。住民は常に注意を怠らずに、もし、見かけることがあれば、警察に通報してほしいと、同氏。

via Tribun Bali
160716N-1

Leave a Reply