新学期を向かえた小学校に生徒が1人??

0
103
7月中旬となり、学校が新学期を向かえる時期となった。しかし、生徒が1人しかいない小学校があるという報告を受け、州知事は驚きを隠せなかった。
 
バリ州知事マデ・マンクー・パスティカ氏は、ギャニャール県ブラバトゥ郡の公立第2小学校に関する報告を受け、驚きを隠せなかった。その小学校には、生徒が1人しかいないと言うのだ。そして、この新学期の時期に、何故6年生まであるクラスの小学校に1人しか生徒の申し込みがないのかということに興味をもった。
 
「生徒が一人しかいない小学校があるという。一体、どうしたわけか?それはもう、学校ではない。建物があって、先生がいて、生徒がいない?」14日、デンパサール市の州知事庁舎プレスルームで、述べた。対策を嵩じる前に、その学校で何が起こっているのか、その学校を視察する予定だ。
 
また、バリで学校に行けない子供がいまだ多くいる事に関し、過疎化された村などでは、両親が学校の重要性を認識していないところもあると述べた。本来、州政府の教育部門予算配分20%から貧困家庭に対する教育援助が用意されているにもかかわらずだ。
 
学校教育を受けるように励まし、協力し合う、これは共に皆が義務を負う理由が存在する。「教育援助が用意されている。学校へ行けない子供を出してはならない。」と、パスティカ氏。
 
via Tribun Bali
150716N-1

Leave a Reply