スカワティのATMを破壊した容疑者の一人、まだ手配中

0
61
数日前に起こったブルガリア国籍の外国人によるATMの破壊事件は、2人の容疑者の他、ATM利用者のデータの入ったラップトップを所持したもう一人を追跡中である。
 
数日前、ギャニャール県スカワティ郡にあるココマートのATMを破壊したブルガリアからの外国人による事件は、まだ捜査が続いている。容疑者の2人であるHaralampiev Kelevski (33) と Kiril (32)は、バリ州警察犯罪課に拘束され、取調べが続けられている。この2人は、いまだはっきりとした説明をせず、その理由も分からず、弁護士もついていない。
 
2人の取調べを進めつつ、強力な物的証拠となるATM利用者のデータの入ったラップトップを持っていると思われる、もう一人の容疑者の行方を追っている。
 
via Tribun Bali
120716N-3

Leave a Reply