断食明けは、ミー・タリックで

0
75
クタにあるレストランでは、イスラム教徒の為の断食明け特別メニューを用意している。その名は‘ミータリック’。引っ張る麺という意味のこの料理、どんなものだろう?
 
バドゥン県クタ地区のレストランが行った創意工夫は、イスラム教徒らの為の断食明け特別メニューに現れた。「国内旅行者がこぞって求める断食明けメニューが、‘ミー・タリック(引っ張る麺)’だ。」と、レストランの料理人アレン・ステファノ氏。その名前を聞いただけで、一体どんな料理なのか気になる。
 
「麺とオリーブオイル、チキン野菜エキス、肉を使っていて、この‘ミー・タリック’は、他の麺料理とは全然違う美味しさだ。しかし、この麺を味わう為には20分の時間を要する。その代わり、他の麺料理と違うところは、防腐剤を使わずに直接その場で作られ、新鮮だということだ。」と、バリに既に長く暮らしているアレン氏。
 
ジャカルタから観光で訪れたプリシリアさんは、「美味しさの他に、香りもいい。目の前で作ってくれるのを見られるのも楽しい。」と、述べた。
 
この‘ミー・タリック’、サテとのセットで250万ルピアだ。
 
via Antara Bali
180616N-1

Leave a Reply