デンパサール-シガラジャ間の近道、2017年に構築

0
302
バリ島の南北を繋ぐ、デンパサール-シガラジャ間の近道ルートが4つ予定され、2017年にはその内の1つが構築される予定だという。
 
デンパサール-シンガラジャ間の4つのショートカットルートが、近々実現することになる。28日、デンパサール第8国道実装会館長 サイフル・アンワール氏は、障害がなければ、2017年に4つのルートの内、1つが構築される予定だと述べた。それでも、地方政府による協力で土地を得ることができればの話である。
 
「今大事な事は、土地を準備できることだ。工事は簡単だが、その為の土地が必要だ。」と、同氏。4つのショートカット計画における、エンジニアリング設計詳細(DED) 及び、環境アセスメントとは、チャンディクニン・ワナギリ1・ワナギリ2・ギッギッの4ルートで、2016年に調査が終了することになっている。そして、2017年にはその内1つのショートカットの実現が望まれている。
 
氏は、バリの住民によってどのルートが最も求められるかについて、運輸大臣、及び、バリ州知事とこの件について既に調整を終えている。1つのルートにかかる工事費用の見積もりは、1,500億ルピアと予測され、4つになれば6,000億ルピアかかることになる。
 
via Tribun Bali
290716N-1

Leave a Reply