ラマダンの月に賑わう、各地方の人々のユニークな伝統

0
88
Megibung

インドネシア国民の大多数がイスラム教徒である。同様に、ラマダンの月にはインドネシアの人々の間に根付いたいくつかのユニークな伝統で、にぎやかになるのが常である。

ビデオクリエーターのケヴィン・ヘンドラワン氏は、インドネシアのラマダンを巡るユニークな事実を紹介している。その内の一つが、‘マンディバリマウ’で、ブンクルの人々が行うものだ。この伝統は、自身を心身ともに清めるための一つの場所で、多くの人が一緒に行水するというものだ。

その他にも、バリでもラマダンの時にだけ行われる面白い伝統がある。バリ島でイスラム教徒の人々が集まると、伝統の食事、或いは、‘ブカブルサマ(その日一日の断食明け)’で、‘ムギブン’という食事のスタイルで賑わう。一つの器に広げられた食事を、4-6人が一緒に食べるというものだ。

まだまだ各地方には、ユニークなラマダンの伝統があるようだ。

via FAMOUS.ID
140616N-1

Leave a Reply