ングラライ空港職員、‘ハロウィーン’でお見送り

0
176

ングラ ライ国際空港運営チームは、神々の島バリを後に自国へ向かう海外からの搭乗客に向け、西洋文化色のフェスティバル‘ハロウィーン’の雰囲気で見送った。

このイベントの実行委員長、ングラ ライ国際空港アンカサプラ1コマーシャル マーケティング マネージャー ヘル ヌグロホ氏は、“彼らに、ングラ ライ空港が印象に残るような体験を与えたかった。要は、楽しんでもらいたかったんです。”と述べた。

 

氏によれば、10月初旬から‘ハロウィーン’のデコレーションを空港内外に施してきたと言う。見ものは、バリの文化と西洋文化のコラボだ。空港内には、かぼちゃ頭の案山子のそばにペンジョールも飾られている。国際線出発ロビーでは、ゾンビに扮した踊り子が現代風ダンスを披露した。
29日・30日の二日間、10時-5時まで、実行委員らも自ら参加し、プレゼント付ゲームや、タロット占い、写真撮影、フェイスメイクなど、無料で搭乗客を楽しませた。
“すごく面白い。こんなサービス、他の空港で見たことがない。”オーストラリアのパースへ帰る搭乗客の一人、ハミス メイス氏は感想を述べた。

退屈な出発までの待ち時間、このイベントは成功したもようだ。

311016N-2

via Antara Bali

#ングラライ空港 #ハロウィーン #無料サービス

Leave a Reply