中国26日バリ島渡航自粛勧告を廃止、中国便通常通り運行。

0
317
粛勧告を廃止、中国便通常通り運行。www.howsbali.com
中国26日バリ島渡航自粛勧告を廃止、中国便通常通り運行。www.howsbali.com
11月29日アグン山の火山活動によりバリ島への渡航自粛勧告を発表した中国政府だが、昨日12月26日勧告を廃止した。その後バリ島へ向かうすべてのフライトが通常通り運行を始めたと言う。これについて観光大臣のアリフ・ヤヒヤ氏は “渡航自粛勧告廃止のため動いて頂いたインドネシア中国大使館、領事館、そして中国政府に敬意を示したい。これによって多くの旅行者がバリ島観光を楽しむ事ができるでしょう。また我々も旅行者が安心して観光を楽しめる様、現地の宿泊施設や全ての観光事業者との提携を強め、ストレスフリーな環境を作りたい”と話した。
バリ島ングラライ国際空港の国営空港管理会社、広報のアリ・アサヌロヒム氏によると “EVA AIR , CHINA AIRLINES , GARUDA INDONESIA は通常通り運行を開始したが、 CHINA EASTERN AIRLINE のみ 来年1月31日から運行が再開する予定。”と話した。来年1月の旧正月旅行シーズンを迎えるため中国の各旅行会社、航空会社では早速ホリデープランを提供し始めているようだ。 今回中国政府の渡航自粛勧告によってバリ島は1月 30万人もの中国旅行者を失ったと言う。
281217N-2
#バリ島 #バリ #バリニュース #バリ情報 #バリ観光 #中国政府 #ングラライ空港 #ハウズバリ #howsbali #bali #baliinfo #balinews #wonderfulindonesia  #travelfeel #wanderlust #beautifuldestinations #travelgram #バリ旅行

Leave a Reply