爆弾テロにあったサリクラブの跡地にレストラン建設、豪州首相不満

0
288
爆弾テロにあったサリクラブの跡地にレストラン建設、豪州首相不満 HOWSBALI ハウズバリ生活情報誌 www.howsbali.com
爆弾テロにあったサリクラブの跡地にレストラン建設、豪州首相不満 HOWSBALI ハウズバリ生活情報誌 www.howsbali.com

2002年10月12日、クタ地区のレギャンにあるバー、サリクラブにて爆弾テロが発生してから17年、現在その場所の向かい側には爆弾テロの犠牲者の名前を刻んだ慰霊碑が建てられている。爆弾テロがあった元サリクラブの跡地にレストラン・バーが建てられると言う情報が入った、それはバドゥン県の許可申請所で 353席の大型レストランのIMB(建設許可)が発行された事がリークされたのである。これに対して豪州モリソン首相はツイッターで`このサリクラブで88人のオーストラリア観光客がテロリストによって殺害された、そしてこの場所で娯楽施設を建設する許可を与えたバリ島の当局の決断が非常に苦痛だ`と話した。

しかしバドゥン県の営業許可を発行するPMPTSPの局長アグス・アリアワン氏は`問題となっている土地は国有地ではなく個人の土地であるため、資産税やPBB(建物・土地税)等を支払っているため、どの様に運営・使用するかは本人の自由である。逆にその土地を利用する事についてこちら側から規制も反対する理由もありません。`と話した。

調べによるとPMPTSPは2018年12月にこの土地の所有者 PT.HOTEL CIANJUR ASRIへIMB(建設許可)をすでに発行したと言う。この土地は2002年の事件以降駐車場、および小さなワルンが立ち並ぶ様になっていました。先週土地の所有者はレストランの開発が開始されるのでこれらのワルンへ立ち退きを申し出た。

tribunbali 27/04/19


HOWSBALI 

ハウズバリ生活情報誌

www.howsbali.com

Tel : 081-855-4747

Email : [email protected]

Instagram : @howsbali

不動産情報 https://www.howsbali.com/property

車・バイク https://www.howsbali.com/auto

バリ島求人 https://www.howsbali.com/jobs/

Like to put an ads on our website/ social media? contact us by email!

Leave a Reply