バリ島2名ジフテリア感染、政府予防接種呼びかける

0
239
バリ島2名ジフテリア感染、政府予防接種呼びかける www.howsbali.com
バリ島2名ジフテリア感染、政府予防接種呼びかける www.howsbali.com
現在インドネシア全土で多く見られるジフテリア感染 ” “http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/diphtheria/index.html” 、アチェやジャワでは児童の感染者が数多く確認されている。そんな中バリ島でも感染者が2名がサンラ中央病院で確認された様子。1歳児と30代の女性と言われる感染者は現在幾つかの検査を受け、サンラ病院医療チームは対処法を相談中。バリ島では年間6万7千もの出産が確認され、バリ島保健局では年間23万人分の予防接種を支給している。
ジフテリア感染被害に関してウィラント調整相(政治・治安)は`今後ジフテリア対策としてジフテリア感染が確認された国からの入国審査の際健康チェックも取り入れ、そして保健省とTNI(国軍)そして警察庁との連携でジフテリアの抗体医薬 ADS(ビオファルマ製薬)を支給する事を優先的に行いたい`と話した。
以前インドネシア中でジフテリアの予防接種を受けさせない親が多く見られ、理由の一つとしては予防接種に豚を原料とした成分が入っているとの事だ。現在国内の製薬会社ではなるべくハラルな医薬品を開発する傾向が見られるが、まだ完全にハラル移行できていないのが現状だ。
261217N-1
via Tribun news
#バリ島 #バリ情報 #バリ #バリニュース #インドネシア #インドネシアニュース #ジフテリア #予防接種 #ハウズバリ #howsbali #bali #balinews #baliinfo #difteria #beritaindonesia

Leave a Reply