ラトゥ サクティ寺院の前を横切ると、結婚生活は保てない??

0
128

ギアニャール県ギアニャール郡スワット村バンジャール スワット クロッドに、‘ラトゥ サクティ寺院’という名の小さな寺院がある。

 

住民らはこの寺院は、南側の門で村を警備し、災いから村を護る、目に見えない不思議な力が働いているものと確信している。

“私が思うに、ラトゥ サクティ寺院は村のプヌングン(護る)寺院である。家の敷地の中で言えば‘プヌングン カラン’と呼ばれる護衛の祠と同じ役割をするのだ。”と、ンガカン アジ マンクー プセー氏。

他にも、周辺住民が信じていることがある。

マヌサ ヤドニャ(人の為)の儀式を行う人々、特に結婚式はこの寺院を横切ったことがない。彼らは、この寺院の前を横切る誰の持ち物でも、長く保つことができない。婚姻の儀式を行う二人がここを横切れば、結婚生活は長くは保てないというものだ。この話は、現在まで住民らに信じられている。現地の住民だけでなく、よその土地から結婚の為にやって来る場合も、嫁ぐ側の家族は、この寺院の前は通らず別のルートを選ぶのだという。葬儀の儀式も別の道を通る。

その他、外部からもタクスー(目に見えないエネルギー)を貰いに訪れる人々もあとを絶たないという。

241016N-1

via TRIBUN-BALI

#ギアニャール県 #ラトゥ サクティ寺院 #結婚の儀

Leave a Reply