豚油疑惑?韓国製即席麺が論争に!

0
199

日本では豚骨ラーメンやチャーシュー麺などは普通だか、ここはイスラム教徒が大多数を占めるインドネシア。豚油が含まれているのではと住民からの通報で、市場に出回っている韓国製即席麺が論争に。

韓国製サムヤン即席麺が、論争を呼んでいる。東ジャワ島マドゥラ スムネップのコンビニで行われた、抜き打ち検査から生じたものだ。

MUI(インドネシアのイスラム教徒を牽引育成し保護するための機関)スムネップ支部KHサフラジ氏は、ハラール(イスラム教の戒律で許されている事や食物)表示のない麺が市場に出回っていることで、落ち着かないという住民からの通報があったため、調査に踏み切ったものだ。

MUIスムネップ支部は、この韓国製即席麺に‘豚油エキス’が含まれていると疑惑をもっている。ハラール表示がないことに加え、インドネシアの責任ある団体からの調査が行われておらず、包装には韓国語だけが書いてある。

問題にされているサムヤン麺は、黄色い包装のものだ。

コンビニの所有者ヴァレンティン グスノ氏は、ソーシャルメディアを通しての消費者からの多くの要望により販売していると言っている。しかし、実際、黄色い包装のサムヤンには、インドネシアの薬物・食物監視機構からの認可表示がない。

黄色い包装のサムヤン麺は、チーズ味の‘オットギ チーズ ラーメン’として知られている。チーズ風味のやわらかい食感の麺が売り物。

包装の中には、即席麺・スープの素・ミックス ベジタブル・チーズ風味調味料が入っている。 豚肉油やエキスが含まれているかどうかは、まだ、不明である。

200117N-1

via jpnn.com

#韓国製即席麺 #ハラール #ソーシャルメディア

Leave a Reply