バドゥン県、ニュピの日に関して3つのルールを通達

0
171

バドゥン県は2020年度ニュピの日に行われる、ムラスティ(清めの儀式)、オゴオゴのパレード、そしてタウル・クサンガ(ニュピ前日の行事)のルールを記した通達を発表した。バドゥン県の文化局局長のエカ・スダルウィタ氏は『3月16日に発行された通達はコロナ感染を防止するためのバドゥン県の対策である。バドゥン県知事から各市町村へ通達された』と説明した。


通達の内容は3つのポイントが記されている:1. ムラスティ(清めの儀式)、オゴオゴのパレード、そしてタウル・クサンガ(ニュピ前日の行事)の3つの行事は各地で小規模で行う事、2. ムラスティの儀式はなるべく近くの水源を利用する事。そして感染被害を最小限に抑える為なるべく家族全員ではなく1名だけがムラスティに行く様に呼びかける。3. プングルプカンやオゴオゴのパレードは各村とバンジャールのみで行われる。そして各村やバンジャールの役員がパレードや祭りの参加者の健康状態を確認する事。当日全ての行事は23時に全て終わる様条件つけられている。


しかしバリ島ヒンドゥー教機関であるパリサダ、及びバドゥン県関係者はタウル・クサンガとオゴオゴのパレードはニュピの日の重要な行事ではない為、なるべく行わない様各市町村へ呼びかけたと発表した。またオゴオゴのパレードを行うエリアは開催時間を午後17時ー19時までの間となっている。

via DETIKCOM

HOWSBALI 

ハウズバリ生活情報誌

www.howsbali.com

Tel : 081-855-4747

Email : [email protected]

Instagram : @howsbali

不動産情報 https://www.howsbali.com/property

車・バイク https://www.howsbali.com/auto

バリ島求人 https://www.howsbali.com/jobs/

Like to put an ads on our website/ social media? contact us by email!

Leave a Reply