バリ島観光庁ロシア国籍の不法ガイドを告発

0
212
HOWSBALI ハウズバリ生活情報誌 www.howsbali.com
HOWSBALI ハウズバリ生活情報誌 www.howsbali.com

現在バリ島で増加中のロシア国籍の不法ガイドの取り締まりを話し合うため、バリ州観光庁は観光庁のチームとHPI(インドネシアガイド連盟)、そしてHPIバリ支部長のニョマン・ヌアルタ氏が会議を行った。観光庁はこれらの問題に対して各地のSATPOL PP(地域保安官)に知らせ、早速15名もの不法ガイドを検挙したと言う。HPIは15名の不法ガイドの調査結果を確認した所、全員就労ビザを所持していたと言う。

しかし彼らガイドが所持していた就労ビザはダイビングインストラクターやサーフィンインストラクターの種類でガイドの業務を行うことはできないと言う。HPIはこれらのガイドのルートはすでに把握しているので各地のSATPOL PPの協力で直ちに取り締まることができたと話した。

これらのレポートにより、HPIはデンパサールのイミグレーションや労働省にも呼びかけを行い、各地での不法ガイドの取り締まりを強化する見込みだ。

TRIBUN BALI,120719



HOWSBALI 

ハウズバリ生活情報誌

www.howsbali.com

Tel : 081-855-4747

Email : [email protected]

Instagram : @howsbali

不動産情報 https://www.howsbali.com/property

車・バイク https://www.howsbali.com/auto

バリ島求人 https://www.howsbali.com/jobs/

Like to put an ads on our website/ social media? contact us by email!

Leave a Reply