賽銭箱から多量のインドネシア銭!?

0
344

2017年年明け初詣に、多くのインドネシア人が兵庫県淡路市多賀にある神宮を訪ねていたようだ。元旦から5日までに集まった賽銭箱から、多量のインドネシアコインが発見された。

2017年年明けの初詣に、何と多くのインドネシア人が兵庫県淡路市多賀にある神宮を訪ねていたようだ。

その証拠に、神社に備え付けてある賽銭箱の中から、インドネシアのコインが見つかっているのだ。

“我々が、この神社内14箇所の賽銭箱に集まった現金の集計を出す時に、インドネシアのコインが沢山入っていたことが分かった。インドネシアのコインの価値が日本円でどれ程のものか、今は分からないが、数としてはかなりの数だ。”6日、神社で計算する淡路信用金庫の職員は述べた。

この集金は2017年1月1日元旦から5日までの集計をするためのものだった。賽銭箱の中には、日本の紙幣・コイン、外国のコイン、そしてその数で最も目を引いたのがインドネシアのコインだ。

この5日間の訪問客は、少なくとも14万人で、去年に比べると7.000人程増加している。

中には、1万円札も沢山あったが、平均1人1.000円を入れる。それだけでも、この5日間で1億4.000万円(およそ18兆2.000億ルピア)が集まったことになる。

それにしても、何故、神宮なのだろう・・・????

100117N-1

via TRIBUN-BALI

神宮 #インドネシア銭 #初詣 #賽銭箱

Leave a Reply