悪天候で、クタ海岸閑散!

0
331

バリ島各地で、ここ数日、突風や豪雨による家屋の崩壊、洪水、木が倒れるなどの被害が出ている。最も名の知れている観光地クタ海岸でさえ、観光客や物売りの姿が見られず閑散としている。

バドゥン県地区の最近の天候は、全く安定しない。激しい豪雨と突風はクタ海岸の外国人観光客や物売りを怖がらせている。

既にニュースでも知らせているように、12月初旬から2月までの天候は予想がつかず、ここ数日の激しい天候により、バリ島各地で家屋が崩壊したり、洪水が起こったり、木が倒れ車が下敷きになったりしている。

バリ島の観光地として最も名が知られているクタ海岸は、この気候により閑散としている。

クタ海岸の警備隊長ワヤン シルナ氏は、この数日の天候で、海岸に沢山のゴミが打ち上げられていると言う。“今日も、沢山のゴミが砂浜に打ち上げられた。悪天候で打ち上げられたこれらのゴミは、4月にはきれいになる。”と、ワヤン シルナ氏。

強風と強い雨で、外国人観光客も物売りも、怖くて近づけない。この天候は予測ができない。又、波も1.5メートルを記録して、決して穏やかではない。

クタ海岸周辺の観光業も、閑古鳥が鳴いている。

040217N-1

via TRIBUN-BALI

#クタ海岸 #悪天候 #外国人観光客

Leave a Reply