現代的ケチャックをパレードで-2日から‘バリ マンダラ ナワナトゥヤ’開催

0
229
現代的ケチャックをパレードで-2日から‘バリ マンダラ ナワナトゥヤ’開催

各地域の特徴を出した、革新的な現代ケチャックが、9月の1ヶ月間の毎週土・日に、アートセンターで見られる。バリの伝統テクニックを駆使しながらも、自由な創造の世界だ。

デンパサール タマン ブダヤ(アートセンター)では、2日から‘バリ マンダラ ナワナトゥヤ’という芸術イベントを1ヶ月間開催し、その中で、現代ケチャックダンスを発表する。バリ州文化局局長デワ プトゥ ブラタ氏は、9月の毎週末、バリの高校10校からの男女生徒、およびデンパサール国立芸術研究大学の選抜大学生による、現代ケチャックダンスを楽しむことができると、述べた。“学芸員やオブザーバーのチームは、このイベントのプロセスとして、事前に各高校にアドバイス、指導に訪れ、鑑賞にふさわしい舞台となることがすでに分かっている。若い世代が、バリ芸術を土台とした新しい芸術を創造していくことを後押しするためのイベントだ。”と、述べた。

この現代ケチャックパレードにかかわる学芸員の一人、アナック アグン マス ルスチタデウィ氏は、1ヶ月間行われる現代ケチャックの舞台は、若い世代にケチャックにもう一度目を向けさせ、伝統的ケチャックの発声テクニックを学びながら、新たに革新的創造の場を提供するよい機会であると説明している。例えば、カランガッサムの高校生は地元の伝統芸能‘ゲンジェック’とケチャックをうまく融合したものを披露する。バンリからは、地元に伝わる‘カンチンウィ物語’をケチャックで表現する。ジュンブラナは、‘ジェゴグ’とケチャックをミックス。今までにないケチャックが見られそうだ。現代ケチャックパレードは、9月いっぱい毎週土・日の夜8時、アートセンター内アルダチャンドラ屋外ステージで繰り広げられる。

VIA DENPASAR POS 

020916N-1

 

Leave a Reply