本日から、レギュラーガソリン1リットル6.150ルピア

0
253

本日、101日をもって、燃料価格が変更となる。レギュラーガソリンは1リットルに付き6.150ルピアに値下がりし、ソーラーは5.750ルピアに値上がりした。

政府は、レギュラーガソリンとソーラーの価格が市場の状況と釣り合わなくなっていることから、本日101日付けで、価格が変更となった。

レギュラーガソリンは、1リットルに付き300ルピア値下がりし、一方、ソーラーは600ルピアの値上げとなった。

エネルギー鉱物資源石油・ガスの局長ESDMイグデニョマンウィラトマジャプジャ氏は、レギュラーガソリンの燃料価格は10月1日をもって、1リットル当たり6.450ルピアから6.150ルピアに値下げしたと、述べた。

一方、ソーラーガソリンは、これまで1リットル5.150ルピアだったのが、600ルピア上がって、5.750ルピアとなった。

最終決定は、101日で経済と社会への安定性を考慮した後に、公表となる。この半年間、市場の状況を鑑み、レギュラーとソーラーの政府援助価格は、もう、変更すべき時にきている。と、バリ島出身の官僚、ウィラトマジャプジャ氏

政府は既に、3ヶ月に1度の燃料価格政府援助の監視政策を行ってきた。国民も価格変動を普通のこととして受け入れ始めなければならない。変化がないことの方がおかしい。

最後に政府が燃料価格評価を行ったのは、41日である。その3ヵ月後は7月であったが、丁度断食明けの時期にあたり、政府は、価格の変更をしないことにした。基準原油価格の予測期間は3ヵ月後上がると思われ、米ドルに対するルピアの換算レートの3ヶ月間の平均をとったものだ。

011016N-1

via TRIBUN BALI

Leave a Reply