バリ島クタ地区の交通進路変更のお知らせ

0
580

 

今週受任されたばかりのバリ島警察庁警察署長 ペトルス・ゴロセ氏はバリ島の観光や旅行業界の発展のため最初に渋滞問題を解決しようと試みた。

ハイシーズンでよく見かけるクタエリア(スミニャック、レギャン、トゥバン)の渋滞を軽減するため、ペトルス氏は交通局と交通進路の変更を行うと発表。新しいルートは2017年1月17日ー31日までは市民に情報を伝えるお知らせ期間として、そして2月1日ー28日まで仮実行、そして3月1日に確定される様子。

  1. ラヤ・クタ通り、パティジュランティック交差点

(パパイヤ近辺のバリベーカリーがある交差点)から

マジャパヒット交差点(セントラル・クタ両替から橋を

渡った所にある交差点)までの道路が一方通行に

なりました。(矢印の方向)

2. ラヤ・クタ通り、パティジュランティック交差点

(パパイヤ近辺のバリベーカリーがある交差点)から

パティジュランティック道路 (レギャンへ向かう交差点)

までの道路が一方通行になりました。(矢印の方向)

3. マジャパヒット交差点(セントラル・クタ両替から橋を

渡った所にある交差点)からクタ・墓地(ブリンギンの木)

の交差点までの道路が一方通行になりました。(矢印の方向)

4. 今までのルートを逆方向になりました。ベモコーナーから

まっすぐ向かい、交差点で右に曲がる事でレギャン通りに

入ります。そしてMERCURE HOTEL (メルキュール・ホテル

とGRANDMA HOTEL )の交差点までの道路が一方通行となります。

(矢印の方向)

5. 空港近辺のハリス・ホテルの交差点からデウィサルティカ通り

の交差点(カルティカ通りに向かう方向)までの道路が

一方通行になりました。(矢印の方向)

 

010217N-3

via Tribunbali

#バリ島 #バリ #バリニュース #バリ情報 #ハウズバリ #bali #baliinfo #kuta #howsbali

 

 

Leave a Reply