年末年始休暇、数千人がジャワへ帰省

0
55

バニュワンギ県PT. ASDPは、47隻の船を準備した。これは、ジャワ-バリ間を繋ぐ港を利用するの乗客数の急激な増加に対応する為の対策である。

「ここ2日で始まった長蛇の列に対応する為、接岸の時間を短くする。」25日、PT. ASDPインドネシアフェリー クタパンのオペレーションマネージャーは述べた。 

PT. ASDPバニュワンギ クタパンは、ジャワ島からバリ島へ出発したのは、24日までに31,739人の乗客、1,961台の2輪車両、及び、4,797台の4輪車両で、去年に比べ15%の増加だと述べた。

逆に、バリ島からジャワ島への出発は62%の増加で、フェリー乗客数は36,739人というデータが出ている。その内訳は、2輪車両115%(4,999台)、4輪車両44%(4,730台)の増加となっている。

現在、同社は28隻を運行させていて、その他の船は2016年新年の帰省の戻りに備えて待機している。

 

via Tribun Bali

Leave a Reply