タバナン県ジャティルイ、米生産量低下

0
126

2012年ユネスコに世界文化遺産にしていされたタバナン県のジャティルイ•ライステラス(段々畑)。そのジャティルイでは現在米の生産量が大幅に低下していることが発覚した。関係者によると以前305ヘクタールあった水田は78ヘクタール減少し、現在227ヘクタールとなっている。ジャティルイ観光局のスティルタヤサ氏によると “水田だったエリアが現在観光用の建築物になっているケースが多く、そして水路とスバック(バリ島の水利組織)が上手く機能できず米の生産に影響を与えています”

タバナン県広報部のミアルサナ氏によると”水路とスバックの件に関しては一度ジャカルタに打診はしているもののダムや新しい水路の開発には大きな費用が必要とされるのでまだ可決されていません。またジャティルイ近辺での建築や許可申請などもう一度ジャティルイの観光局と共に話し合いを行い、新しいルールを発表するよていです。”

Tribun Bali 25/04/2019

Howsbali

Leave a Reply