ヌサ・カーナ・ラム 〜 インドネシア古来のラムを再現。

0
151
ヌサ・カーナ・ラム 〜 インドネシア古来のラムを再現 www.howsbali.com

歴史にはあまり記されていないが、実は18世紀ヨーロッパ中のパンチハウスやボルデッロ、サロンやコーヒーハウスで出されていたラムはインドネシア産だと言う。

これまでに多くの旅人や商人、そして冒険者を魅了してきたインドネシアの島々で栽培されているサトウキビのから作られるラムは絶品のされている。そして現在、古来からのレシピや手法と現代の流行を合わせたラム、ヌサ・カーナが忘れ去られた当時冒険者のラムへの情熱を蘇らせた。
ヌサ・カーナは滑らかな味わい、そしてフレッシュなサトウキビとトーストフルーツの香りを持ち、飲みやすい一面もあり時にメロウな一面がある。ボトルのロゴには神々の島への賛辞として、グラフィックデザイナーのアリ・スミットによる`森の王`ことバロンの面をイメージしたビジュアルを配置。
ヌサ・カーナ・ラム 〜 インドネシア古来のラムを再現 www.howsbali.com
ヌサ・カーナ・ラム 〜 インドネシア古来のラムを再現 www.howsbali.com
ジャワ島で少数生産されるこのラムはサトウキビ糖蜜を天然水と赤餅で低温発酵させて、出来上がった液体をアンティークの中国瓶にて蒸留、そしてジャワ産のチーク材の樽で熟成され、酒造家によってブレンドされます。
親しみやすい味わいを持つヌサ・カーナは友達たちとアレンジして飲む事も自宅でホームバーテンダーをしながら楽しむ事も出来ます。`オンザロックにスターアニス、レモンを絞る、 またはフェアへッドを混ぜてライムとジンジャービールを足す`と言った楽しみ方もある。
ヌサ・カーナ・ラム 〜 インドネシア古来のラムを再現 www.howsbali.com
ヌサ・カーナ・ラム 〜 インドネシア古来のラムを再現 www.howsbali.com
2016年9月から10月にあたり、ヌサ・カーナとスペシャルコラボイベントが多数行われる予定です:
ーヤック誌 (THE YAK) 11月号リリースに伴い、SASKIA KOERNER (サスキア・コナー)の写真展 9月23日
ーサーフタイム誌 (SURFTIME MAGAZINE) DEUS にてインドネシア・サーフィン・アワード イベント 9月30日 ;オフィシャル ラム スポンサー
ーFORGOTTEN ISLAND FESTIVAL ギリ島 9月28日
ーシークレットライフバリ・パーティー OLD MAN`s バー 10月9日 ;ドリンクパートナー
ーDEUSのSLIDETOBERイベントのオフィシャルパートナー 10月14日ー16日
ーヌサ・カーナ ティキ・バー 設置  KU DE TA、 11月
ヌサ・カーナ ラムは国際バーテンダーシーンを活躍する、アンディ・ガウント氏、マーク・ロドリゲス氏、東南アジアのレジェンド、サム・ジョビオン氏、そしてバリ島ベースのドレ・マッソ氏 4人によるコラボレーションとなっている。
#ラム酒 #バリ島 #サトウキビ #インドネシア #バーテンダー #イベント

Leave a Reply